〇新米ライターが毎日更新する日記ブログ〇

書くこと・読むこと・仕事全般のこと…。毎日の発見を綴ります。

【3月16日】日本文化は間の文化

f:id:egg415:20180316011811j:image

 

5年前から趣味で茶道教室に通ってる。

 

先生は素晴らしい方で、人柄もそうだけど教え方がていねい。優しくておちゃめで、たまに冗談も言ったりする、ユーモア溢れる方。

 

茶道って厳しいイメージがあるけど、先生の下で学んでいるおかげで、のびのび勉強できている。(先生が本当に優しい方だから)

 

はじめたキッカケは、落ち着きのなさをなんとかしたかったから。だったら茶道だろ〜。っていう安易な気持ちで始めたんだな、これが。

 

25歳とか、それぐらいで始めたんだけど、最初は訳もわからず、仕草や振る舞い、行動、言葉で色々な無礼をしていたと思う。

 

自分は気付かない、知らないことでも、相手にとって無礼なこともある。

 

若いのを言い訳にしてしまうけど、経験も足りなかったし、物事を知らなくて、たくさん恥もかいたし、無礼なこともしてきたと、最近思い返したりする。

 

「歳を重ねると、昔の無礼が身に染みる」

 

常々、そうだなあ。

 

近頃は忙しくてお稽古に行く時間も減ってしまったけど、先生の温情でなんとか続けられてる。

 

この間は、仕事の合間にお稽古へ。

 

すっごくバタバタして、気持ちも落ち着かない中、茶室に入った途端、スーーッと気持ちが落ち着いた。

 

目の前のお点前にも集中できて、稽古時間の2時間があっという間に過ぎた。

 

あの茶室の空気、とても不思議。

 

信仰心とかはないけど、いつも神聖な気持ちになる。

 

心のモヤモヤが消えて、真っ白になっていく。

 

「必要な文化だから、今でも変わらず残ってる」

 

まだ先っちょしか分かってないけど、きっとこの感じが、それに繋がるのかなあ。

 

茶室の中は、季節感が大切にされている。

 

掛け軸や茶花やお道具。
その季節に合わせて、お点前をしてくれる亭主が考えて用意してくれる。

 

そして、お道具の配置もちゃんと決まってる。

 

最初は慣れるのに苦労したけど、分かってくると、お道具同士の距離感がちょうど良くて、茶室のどの場所から見ても、美しい。

 

「日本文化は間の文化」

 

そう教えられたのが、最近しっくり分かってきた気がする。

 

程よい「間」は心地よくて、穏やかな気持ちにさせてくれる。

 

逆に間が乱れたり、そこにぞんざいな空気が流れたりすると、気持ちも悪い方に揺れる。

 

人と人との「間」も、大事にしたいと思った、今日このごろでした☺︎

 

今日もいちにち、心乱れることなく、素直に生きよう☺︎

【3月10日】書き仕事で思うこと。デジタルよりアナログが好き。

f:id:egg415:20180310221130j:plain

 

今日のテーマは「書くこと」で普段自分が思っていること。

 

今、仕事で文章を書いてる。

それ以外でも、単細胞な私の頭は、メモをしておかないとあらゆることを忘れてしまうので、メモ帳に色々なことを走り書きする。

 

心に余裕がある時は、誰かに手紙を書く。

人に見られると思って書くと、少し緊張するせいか、字がぎこちなくなる。

結果、より下手くそな字になる。

だけど、なるべく心を込めて、ていねいに書く。

 

今は「書く」というより、「打ち込む」って言った方がしっくりくるかもしれない。

言葉を何かに綴る時は、スマホかパソコンを使うことが多いから。

 

私も仕事ではパソコンばっかカタカタ打ってる。

 

でも、たまには汚くても自分の字が恋しくなって、手書きで文章を書いたりする。

 

ああ、やっぱり、個人的にはアナログの方が落ち着くなあ。

 

だけど、10000字なんて膨大な字数をいちいち書いていたら、腱鞘炎になっちゃってしまう…。

バランスが難しいね。

 

私は、人の字を見るのも好きです。

 

私自身の字は、その時のテンションによって変わります。

 

急いでいる時は、英語の筆記体をもっとだらしなくグシャグシャにしたような字になります。

 

完全仕事モードの時は、ちょっとだけ角ばります。

 

そして、遊んでいる時とか、リラックスしている時は、小さな丸字になります。

 

私の姉は、私とは違ってかなり達筆で、ハネるべきところはきっちりハネて、女の人なのに勇ましい、格好良い字を書きます。

 

母も字が綺麗で、かなり見やすい。丁寧に書いているのが伝わる感じでスイスイ読めちゃいます。

 

父は、私と同じくらいパッと見では分からない字を書きます。凄く丸字で独特なのですが、父っぽくて好きです。

 

何が言いたいかというと、文字の書き方からその人らしさみたいなのが出る気がして、その「味」が良いなあと、いつも思うのです。

 

昔は友達とよく手紙のやり取りをしたけど、今はそんなこともなくなっちゃったもんなあ。

 

LINEやメールで簡単に言葉を送るようになってから、手紙を書く頻度が減りました。

 

以前、私が書いているインタビューメディアで、手紙の便箋を手作りしてる女性を紹介したことがあります。

 

その時の記事がこちら☺

michi-hokkaido.com

 

その方が「封書はLINEにはないサプライズ感がある」と言っていて、インタビューしながら本当にその通りだなと思った。

 

手紙は手間だしお金も少し掛かるけど、LINEよりも心がこもっているように思う。

 

ちょっと話がズレたから軌道修正。

 

最近は書くことが一辺倒になってきた。

 

毎回同じような書き出しで話が進んで、終わっていく。

 

こんな文章ばっかり書いていたら、なんとなく自分が腐っていくだろうなって思ったり。

 

書くことに慣れていくと、「これぐらいでいいかな?」って書くことを甘くみる時もある。

 

自信のなさで書きたいことが書けなくなることも嫌だけど、それ以上に変に慣れて調子に乗って文章を書くことがないよう、しっかり心に留めよう。

 

楽な言葉に慣れない。

新しい表現や言葉を探す。

それをちゃんと続ける。

 

最近は全然勉強もできない毎日だったけど、これからは30分でも時間作って勉強するんだ。

 

WEBでも本でも、読んでいると書き手の考えとか、その人っぽさがチラっと見える時がある。

 

でも、見えない時もある。

お決まりのセリフ。

当たり障りのない言葉。

書いてる人の個性が見えない。

 

個性が見えない言葉になるのは、凄く怖いなと思うけど、個性を出しつつ良い文章を書いていくのも難易度が高い。

 

これもバランスが難しいね。

 

でも、自分を出すっていう気持ちを持ち続けることに意味がある気がする!

なんとなく、気持ちを込めればなんでも滲み出てくるものだと思うから、多分…。

 

今日はここまで。

明日も素直に生きよう♪

プライバシーポリシー

【当ブログが使用しているアクセス解析ツールについて】

 

当ブログでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。

このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。

この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。

 

【当ブログへのコメントについて】

当ブログでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。

これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。

また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。

全てのコメントは管理人であるEGGが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。

加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。

 

・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。

・極度にわいせつな内容を含むもの。

・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。

・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。

 

初出掲載:2018年3月9日

【3月9日】自己紹介・北海道でライターをしています。

はじめまして。ご訪問いただきありがとうございます。

北の大地北海道で、ライターの仕事をしているEGGです。

 

ライターと言っていますが、まだ新米で、書いてお金をいただけるようになったのは3年ぐらい前からです。ライターっていっても、今はジャンルがたくさんありますよね。

 

WEBライターやルポライター、フードライター…。

 

私は主に人に会ってインタビューをして、それを記事にしています。

 

物や場所を紹介する時もありますが、一番は「人」に関わることが多いです。

こちらが、私が運営しているインタビューメディアです。

 

michi-hokkaido.com

 

「Michi×Hokkaido」という名前なのですが、長いので「みちぶろ」とよんでいます。

 

北海道でキラキラ輝いている方に会いに行って、インタビューした内容を記事にしています。主にその方の仕事内容にスポットを当てて、インタビューをしています。

 

他にも、地元新聞でコラムを連載しています。

それもインタビュー記事で、テーマは「旅」その方の転機となった旅、今の自分に影響を与えている旅の話を聞いて、記事にしています。

 

みちぶろは1記事あたり大体4000字ほどですが、新聞は約700字と、凄くコンパクトです。

両方ともインタビューだけど、新聞の方は絞って絞って書く分、とても勉強になります。文章書く時、長くするのは簡単、短く削って書く方がはるかに難しい…。と思っています。

 

他にもWEBで注文を受けた記事も書いています。0から記事を書くこともありますが、あらかじめ出来上がった文章を、読みやすく編集・リライトすることもあります。

今、WEBではクラウドソーシングがとても普及していて、子育てで外に働きに行くほどのまとまった時間が取れない主婦の方や、会社員の副業としても人気を集めています。

 

時間に捉われずに自由に働けるから。

ちょっとした副業感覚で。

スタートはそんな感じで始める方も多いように思います。

 

ライターとして働こうと思ったキッカケは人それぞれですが、私は結構ネガティブな気持ちからスタートしました。

 

やりたかったことが上手くいかなくなって、人とも関わりたくなかったので、家で引きこもっていた時、やることも無く、なんとなくクラウドソーシングサイトに登録して、パソコンをカタカタ打ち始めました。

 

今となっては、何を書いていたのか全然覚えてないですけど…。

書いているうちは、悩むこともモヤモヤすることも無くなって、お金もちょっと入る…。(笑)自分の心にとって良い作業だなと思いました。

 

それが今ではこんなに書くことが好きになって、もっともっと書いていたいなと思う、それが自分でも凄い良かったなと思っています。

 

文章を書くと、人によって表現の仕方が変わります。

例えば、今日の天気について、友達10人一緒に100文字で書いたとしたら、多少似ることはあっても、全員違った表現や言葉で書くことになります。

文章は「その人ならでは」が出るところが一番魅力的だと思っています。

 

私も自分の味出せてるのかな?(笑)がんばります~

 

今、新聞も合わせたらインタビューをさせていただいた人の数は25人。

目標は100人です☆彡

 

このブログでは、書いたり読んだり、インタビューしている時に感じたこと、全然関係ない毎日のこと、面白かったことなどを自由に書いていこうと思います。

 

今年の自分のテーマは、去年と同様に「続けること」!

 

ブログや日記が全然続かない私ですが、なるべく続けられるように頑張りますっ!

よろしくお願いします★